オススメのFX手法:公開中

投資は甘い世界ではないと思いますが方法しだいで安定して稼ぐことができるようになります。 その中でも、安定して稼げ、リスクが少ない手法をLineにてお伝えてしています。

こちらから

ブル(レバレッジ型)・インバース(ベア)型ってなに?初心者向けに解説。

ブル(レバレッジ型)・インバース(ベア)型ってなに?初心者向けに解説。
Pocket

三平@FX為替です。

ファンドには2種類ある!それぞれを解説します

ブルベア

ファンドの中には、デリバティブ(先物取引の一種)を活用し積極的な利益追求を目指すファンドもあります。ブル型(またはレバレッジ型)、そしてインバース型(またはベア型)ファンドと呼ばれています。仕組みは複雑ですが、簡単に説明すると、ブル型(レバレッジ型)は相場が上昇しているときに利益を生みます。インバース(ベア)型は相場が下落しているときに利益を生むように設定されています。 ちなみにブルは、牛が角を下から上に突き上げるイメージです。別名のレバレッジとはてこの原理の「てこ」のことです。
ベア型は熊が手を上から下に振り下ろすイメージです。近年ではベア型のことをインバース(逆)型と呼ぶことが増えました。それぞれが相反する動きをします。また、ファンドによっては、2倍3倍のレバレッジがかけられているものがあります。そのため、思わぬ損失を被ってしまう事があります。また、長期で保有していると、内部が複雑なため、思わぬ値動きをしてしまい、とても困った事態になることも予想されます。短期的に投機的な売買として使うことが多いかと思いますが、一般的な長期分散投資では用いられません。魅力的に見えるかもしれませんが、手を出さない方が良いと思います。

レバレッジについて

レバレッジ

ブル・ベアタイプの説明でレバレッジについて触れましたので、少し詳しく説明しましょう。レバレッジとは「梃子の原理」のてこの事です。
小さな力で大きな物体を動かすことが出来る、あの梃子です。有名なところではFX(外国為替取引)でもレバレッジをかけることができます。乱暴に言うと、少ない証拠金(元手)で大きなお金の取引が出来る仕組みです。元手の何倍もの取引が出来るので、2倍より5倍と、レバレッジが大きいほど元手に対して大きな利益を上げることが出来ます。
もっともそれは「うまく行けば」の話であり、大きな損失を抱えた場合は、大変なことになってしまいます。投資信託のメリットの一つは、値動きが投資の中でも比較的緩やかなことです。将来的には選択肢の一つに入れてもいいと思いますが、長期的な資産形成をしたい方は手を出すべきではないと考えています。

三平@FX為替さんについて追っていきます!!

 

(Visited 1 times, 1 visits today)

おすすめのFX口座

fxsuit

「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックが可能な数少ないFX口座。 海外口座ではあるがFXSuitは条件・保障も良い。海外口座独自の強みを生かせる。

口座開設 公式サイト

関連記事

  1. 目標リターンは何%ならいいの?求める方法を分かりやすく解説
  2. ファミリーファンド方式とファンド・オブ・ファンズ方式ってなに?
  3. 投資でアクティブファンドは本当にインデックスファンドを超えられるか?
  4. 【投資信託】販売・運用・管理各会社が破綻したら、どうなるのか?
  5. 格付け会社の評価を参考にしない
  6. 【株式投資テクニック】チャート見る手順!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP