オススメのFX手法:公開中

投資は甘い世界ではないと思いますが方法しだいで安定して稼ぐことができるようになります。 その中でも、安定して稼げ、リスクが少ない手法をLineにてお伝えてしています。

こちらから

パッシブ(インデックス)運用とアクティブ運用とは?

パッシブ(インデックス)運用とアクティブ運用とは?
Pocket

三平@FX為替です!
いつまでも続く相場なんてないんです。FXで停滞している方に別の投資方法をお伝えします。

インデックス運用とアクティブ運用をそれぞれ解説します

パッシブ

運用方法から、ファンドは大きく2つに分類出来ます。それぞれ、インデックス運用とアクティブ運用と言います。まずはインデックス運用から見てみましょう。

①インデックス運用(≒パッシブ運用)

インデックス運用は、目標とするベンチマークと連動することを目指した運用方法です。一昔前はパッシブ運用と呼んでいましたが、一般的にはインデックス運用という言葉が定着しました。厳密には少し違いますが、一般的には同様とみなされることが多いと感じています。ファンドによって、何をベンチマークにするかは異なりますが、おおむね市場平均と連動しているので、計画が立てやすいところが魅力です。反面、市場平均よりも高い運用成果は望めません。平均点狙いの運用と言えるでしょう。また、理論上は市場平均よりも、コスト分だけ下回ることになります。それは、「運用成果―コスト=実質的な運用成果」だからです。

②アクティブ運用

アクティブ運用とは、インデックス運用が平均点狙いの方法に対して、平均点を超える成果を狙った運用方法です。ファンドの目標に設定したベンチマークを超えることが目標です。特徴的な4つの運用方法を紹介します。

①バリュー投資:現在の経営状態や業績に対して、株価が割安な状態に置かれている株を選んで投資します。
②グロース投資:企業の将来性に着目し、成長が期待できる株を選んで投資します。
③トップダウン・アプローチ:業種別・国・地域別に組み入れ比率を考え、その比率の中で銘柄を選んで投資します。
④ボトムアップ・アプローチ:個別に企業を分析し、魅力ある株を選んで投資をします。

(Visited 2 times, 1 visits today)

おすすめのFX口座

fxsuit

「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックが可能な数少ないFX口座。 海外口座ではあるがFXSuitは条件・保障も良い。海外口座独自の強みを生かせる。

口座開設 公式サイト

関連記事

  1. ファミリーファンド方式とファンド・オブ・ファンズ方式ってなに?
  2. ブル(レバレッジ型)・インバース(ベア)型ってなに?初心者向けに解説。
  3. 投資信託ってなに?普通の投資とどう違うの?初心者向けに解説します。
  4. EFTってなに?指数連動型上場投資信託?初心者でもわかるEFT
  5. REIT(リート)ってなに?仕組みはどうなっているの?初心者にわかりやすく解説
  6. 【インデックス運用 VS 個別銘柄運用】どちらがいいの?に答えます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP