オススメのFX手法:公開中

投資は甘い世界ではないと思いますが方法しだいで安定して稼ぐことができるようになります。 その中でも、安定して稼げ、リスクが少ない手法をLineにてお伝えてしています。

こちらから
  • FX

インデックスファンドとは?積み立て型は信託報酬に気をつけよう

インデックスファンドとは?積み立て型は信託報酬に気をつけよう
Pocket

こんにちは。三平@FX為替です。

さて例えば「老後用の資金にしよう」と、インデックスファンドをドルコスト平均法(積み立て)で毎月コツコツと一定額を積み立てる場合も、コストに注意を払わなければなりません。
インデックス運用のメリットの一つがコストの安さと言っても、ファンドによって買う時のコストがゼロ円・無手数料から手数料3%オーバーまで、持っている間にかかる信託報酬も年0.1%台から、年1・5%を超えるものまで多種多様です。

おさらいですが、インデックス運用は設定ベンチマークと連動するので設定が同じなら、値動きはほぼ同じです。インデックスファンドの運用成績とコストには何の関係もありません(ちなみにアクティブファンドでも、実はコストをかけても運用成績には相関性がありません。その理由は世界中のファンドマネジャーたちが賢いから、市場平均・インデックスが結果として効率的になるからでした)。値動きが同じならコストは安い方がいいのは明らかです。
そして、アクティブファンドよりも、インデックスファンドの方がコストは安い傾向です。ましてや老後資金にしようと長期で行えばその差は歴然です。例えば、元本がずっと(仮のお話です、現実には毎日価格は変動します)一千万円の場合、信託報酬年0.1%で30年なら、信託報酬コストは単純に計算して30年間でたったの30万円です。一方信託報酬が1・5%なら30年で450万円かかります。
実質的な運用成績を押し下げるだけの存在にこのような大金を支払うことは、とても悲しいことです。
買う時にはわずかな差でも、長期では大きな差になります。くれぐれも投資信託はローコストで選びましょう。そして、合理的に考えた場合その対象とは、市場平均に連動することを目標とするインデックス型投資信託だと考えられます。

(Visited 9 times, 1 visits today)

おすすめのFX口座

fxsuit

「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックが可能な数少ないFX口座。 海外口座ではあるがFXSuitは条件・保障も良い。海外口座独自の強みを生かせる。

口座開設 公式サイト

関連記事

  1. スキャルピングで利益を上げるためにはセットアップが必要。
  2. サルと投資のプロ、投資の運用成績が良いのはどっち?
  3. 【株式投資テクニック】チャート見る手順!
  4. 女性がこっそり副業するならFXがおすすめ!元手が少なく、取引時間が自由!
  5. 三平@FX為替をお手本に!!!FXってなに?基本の基本を解説します!!
  6. サラリーマンとフリーランスの違いは?結局どっちがいいの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP