オススメのFX手法:公開中

投資は甘い世界ではないと思いますが方法しだいで安定して稼ぐことができるようになります。 その中でも、安定して稼げ、リスクが少ない手法をLineにてお伝えてしています。

こちらから

目標リターンは何%ならいいの?求める方法を分かりやすく解説

目標リターンは何%ならいいの?求める方法を分かりやすく解説
Pocket

三平@FX為替です。
今回は投資のリターンについて話していきます!

投資からのリターンは、一体何%なら良いの?目標リターンを求める方法!

リターン

・①先に目標を決める

・②その時々の景気によって、最適な%を求める

・③常に高い目標を掲げる

 あなたは、右の3つの内、どの方法が良いと思いますか。まず、①の先に目標を決める方法では、そもそも目標通りに行きません。例えば、Aさんが5年後に300万円の車を買い換えようとします。車の予算が300万円あり、そのままでも新車は買えますが、もう少しグレードの高い400万の車を買うことにします。足らない額は、残り百万円です。つまり目標額は百万円です。投資に回せる余裕資金が500万円ある場合は、5年間でおよそ20%のリターンを達成しなければなりません。

年間平均では、4%です。これに(無手数料のファンドの場合)税金と信託報酬1%を加味すると実質で、年間5.5%程度が目標リターンです。景気が谷から山へと移るところなら、5年もかからずに達成できそうです。先に目標を決めると、現実的か、非現実的かが良く分かり、計画が立てやすいので良い方法のようです。ですが、景気の流れが本当にその予想シナリオ通りに行くという確証はありません。この方法はただの夢でしかありません。

次に②その時々の景気によって、最適な%を求めるですが、これもあてになりません。何しろ値動きはランダム・ウォーカーですから、最適な%すらも分かりません。できるのは、期待リターンが高い組み合わせにしておいて、積み立て投資などに徹するくらいです。それでも、結果は不透明なのです。

最後は③常に高い目標を掲げる、です。常に年50%や100%という高い目標を掲げるというものです。これは投資信託では現実的ではありません。そもそも、投資信託で年に50%以上もの上昇を得ることはまずないからです。ハイリスク・ハイリターンの株式主体のインデックス型投資信託であっても、二十年間などの長期でみて年率換算で平均5%程度行けば、大変すばらしい成績だと思います。ちなみに5%の利回りでも、計算上は14.4年で元本が二倍になります。目標リターンは、設定していても、ただの目標でしかありません。私たちにできることは、特にありません。私たちがどれだけ昼寝をしていても、パソコンの前でうなっても、世界の市場平均の値動きは変わりません。

(Visited 15 times, 1 visits today)

おすすめのFX口座

fxsuit

「3すくみスワップ投資法」と呼ばれるトレードテクニックが可能な数少ないFX口座。 海外口座ではあるがFXSuitは条件・保障も良い。海外口座独自の強みを生かせる。

口座開設 公式サイト

関連記事

  1. ブル(レバレッジ型)・インバース(ベア)型ってなに?初心者向けに解説。
  2. 初心者向け投資信託の上手な『買い方』を解説します。
  3. 【インデックス運用 VS 個別銘柄運用】どちらがいいの?に答えます。
  4. 投資信託ってなに?普通の投資とどう違うの?初心者向けに解説します。
  5. 格付け会社の評価を参考にしない
  6. 投資信託にかかるコストって?3種類を解説します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP