投資信託にかかるコストって?3種類を解説します。

投資信託にかかるコストって?3種類を解説します。
Pocket

三平@FX為替です!

FXはやっぱり難しいですね(´;ω;`)そんな方に向けて別の投資を紹介します。

投資信託には3つのコストが発生します。【購入・保有・売却】

コスト

購入手数料

まず買う時に、購入(募集・販売・申し込み)手数料が発生します(全く同じファンドであっても販売会社によって手数料が違うことがあります)。手数料には幅があり、0~3%程度です。0%つまり、無手数料(ノーロードとも言う)もありますが、その分信託報酬(後述)が高く設定されているものもあります。
もちろん、無料の方から選び、後述する信託報酬が低い方から選ぶことが重要です。一般的にインターネット証券の方が安い傾向にあります(インターネットでも、高いものがあるので、チェックは必要です。また、インデックス運用よりもアクティブ運用をしているファンドのほうが、高い傾向にあります。

保有手数料

次に、ファンドを保有している期間にもコストが発生します。こちらは信託報酬と呼ばれるものです。運用成績に関係なく日々徴収されます。表示は年換算の%で示されます。通常、証券会社から「○○円徴収しました」 と、通知が来ないので気がつきにくいですが、ほんのわずかの信託報酬でも長く保有すればするほど差し引かれてしまいます。0.1%台程度の中から選ぶようにすると良いでしょう。0.3%を超える信託報酬の物は無視するだけで構いません。

売却手数料

最後が、売却する時に発生するコストです。信託財産留保額と呼ばれます。これは、そのファンドを持ち続けている投資家との不公平を解消するためのコストです。どういうことかと言うと「解約代金を捻出するために必要な有価証券の売買コストを他の投資家に負担させることは、不利益を被らせるので不公平だ」という見方です。いわばキャンセル料ですね。設定されていないファンドもあります。当然ながら、信託財産留保額がゼロのものから選びましょう。コストは、運用成果にプラスに寄与しません。マイナスに作用するだけです。

(Visited 2 times, 1 visits today)

関連記事

  1. REIT(リート)ってなに?仕組みはどうなっているの?初心者にわかりやすく解説
  2. ブル(レバレッジ型)・インバース(ベア)型ってなに?初心者向けに解説。
  3. 【投資信託】販売・運用・管理各会社が破綻したら、どうなるのか?
  4. 【投資信託】最初はいくら買うのがいいの?ー小額からで大丈夫です。
  5. 投資信託は誰かが運営しているの???投資信託について解説!
  6. パッシブ(インデックス)運用とアクティブ運用とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP